mbedでFlashやRAMの容量が違う同系列のSTM32を開発する

20-TSSOPパッケージのF030をmbedとして開発したので書いときます.

F030は64pinパッケージでNucleoとして発売されています(これ).同じ系列のSTM32は同じバイナリを書き込めるので問題ない!と思うんですが,FlashやRAMの容量が違うんですよねー.

 

しかし,このFlashやRAMは簡単に変更することが出来ます.

 

①mbedプロジェクトをローカルビルド環境(gcc-arm)におとす

②以下のフォルダにアクセス

mbed > TARGET_NUCLEO_Fxxx >  TOOLCHAIN_GCC_ARM

③”STM32Fxxxxx.ld“を開く

④4,5行目にFlashとRAMを設定している項目があるので変更する

f:id:anbalioh:20160519185510p:plain

 

以上です.めちゃくちゃ簡単ですよね.

 

これでNucleoが出てるSTM32ならどのパッケージでも使えるようになるんじゃないでしょうか.つまりあれもこれもmbedで開発できる!

つ よ い !

 

 

昔の記事でsrcを使った方法できるんじゃね,と紹介していましたがもっと簡単にできました.

y_sharpさんありがとうございます.

 

2016/6/1追記

f030f4p6でやるとよろしくなさそうです・・・

 

2016/6/26追記

予想はしてたけど,mbedライブラリが大きくてflash 16kに入らないっぽい.

HALかSTM32plusかですねー.

超未熟者の僕からするとSTM32plusはライブラリがサポートしてる石(flashとramも含めて)を使うのがいい気がします.

こんな変な石はSW4STM32が自動で作ってくれる環境でゆるふわに開発したい...

 

2017/9/8追記

当時知らなかったですけど,ローカルビルドすると容量増えるんですよね...

オンラインコンパイラなら容量が小さくなるみたい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。