ps2epsiでepsを吐いてくれるpythonスクリプト+exe

今日書いたばっかりのこの記事の続きです.

 

ps2epsiは今のところ不具合がないのでps2epsはやめてこっちに移行しようと思います.

 

コマンドラインでprnをepsに吐けるようになったらあとはスクリプト化するだけ.

ということでpythonで作りました.

 

なんでわざわざフルパス取得してるの~?って感じですが,配布用にこのpythonをexeに変換したくて,その副産物です.

「python prn2epsi.py」で実行するだけなら相対パスで問題ありません.

 

pythonから生成したexeはDropBoxで配布しています.

 

必要条件ですが,

  • Ghostscriptのインストール
  • Ghostscriptのbinとlibにパスを通す(ps2epsiを使えるようにするため)

です.GSView使っていればGhostscriptは入っているのでパスと通すだけです.

binとlibは「Program Files\gs\gs9.21\」にあります.

 

肝心の使い方ですが,

┗フォルダー
  ┣ prn2eps.exe
  ┣ ps
   ┃ ┗ prnファイル
  ┗eps

って感じに配置してもらって,psファイルに変換したいprnファイルを入れて,exeを実行すればepsフォルダに生成されます.

 

なんでprnってフォルダにしないの?という疑問には知恵袋で解決してください(笑)

なぜWindowsで「prn」というファイルは作れないのですか? – Windo… – Yahoo!知恵袋

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。